*--オンちゃんその日暮らし--*

その日暮らしをしていたのですが
病と
戦うことになりました。

ホームページに戻る

たくさん投稿してね
 Name
 E-Mail
 U R L
 Title
 Message
<A>,<FONT>,<B>タグのみ使用出来ます。
 文字色
 File
大きさ5000KB以下( jpg, gif, jpeg, png, txt )
 Pass


おんちゃん、神頼みする
おんちゃん  
さてさて、旅は続きまする。
今日は諫早から島原鉄道で島原外港へ、そこからフェリーに乗って有明海を熊本港に渡ります。
バスで熊本駅へ着くといよいよ今回の旅の目的地である北岡神社に参拝であります。
ご利益いただいたはずなので明日から2日間は小倉で◎○▲△の生活でっす。
Date: 2014/02/14/18:20:48   [744]



長崎は〜〜今日も〜〜
おんちゃん  
二月は逃げるなどと申します。
逃げる二月を追いかけて九州は長崎までやってきました。
長崎といえばチャンポンか皿うどんだなぁ・・・と駅弁を半分残して備えたわけ。
だけれども、長崎在住の旧知の友人は「海鮮だ!」と魚港のお寿司屋さんへ。
夜こそ海鮮だじぇ・・・と逆らったのだけれども。
昼も夜も海鮮づくし。
Date: 2014/02/13/23:00:38   [743]



おんちゃん、鰻を喰う
おんちゃん  
愛知の知立というところはうなぎ屋さんが多いのか?
井谷屋さんを贔屓にしていたのだけれど、がっかりすることがあって・・・
「それではここはどう?」と教えられていったのは旭屋さん。
特上うなぎ丼(限定30食)は2300円とリーズナブル。
本当に国産ウナギかと疑ってしまいますが三河産のウナギらしいです。

中京競馬で心身の疲れを取るのは旨い飯がいちばんです。
Date: 2014/01/28/11:24:27   [742]



おんちゃん、とんちゃんを喰う
おんちゃん  
かなり湖西あたりが気に入ってしまって・・・
それにくわえて穏やかな天気に誘われて再び高島へ。

昼食は道の駅「藤樹の里」の「レストランうおさい」で「とんちゃん定食」を食した。
とんちゃんというので豚かと思ったのだけど、味噌味付けの鶏
肉炒めだった。なんでも高島のご当地グルメらしい。


しっかし、料理の写真の湯気を撮るのって難しいのになんとも簡単に・・・
恐るべし!
PANAのコンパクトデジカメ!!!
Date: 2014/01/24/17:46:13   [741]



ツバスを食らう
おんちゃん  
おっ、ひさしぶり!
今日は世界的にクリスマスイブという楽しい日らしい。
ケーキとかシャンパンとか・・・ええがやきね。
けんど、ワシはまたまたハマチの前のツバスにつかまってしもうた。
なにせ、ワシんとこはエンゲル係数というやつが高いもんで300円というのに・・・ついつい・・・
ま、この時期じゃけん脂ものっておるじゃろと(あはっ)
それで田舎風の寿司にすることにしたがぜよ。
Date: 2013/12/24/18:47:34   [729]

Re:ツバスを食らう
おんちゃん  
柚子酢につけて〆るのが田舎風じゃ。
もう、柚子の香りがひろがってハラの虫がなるがぜよ。
Date: 2013/12/24/18:52:53   [730]

Re:ツバスを食らう
おんちゃん  
ちくっとつまみながらにぎるがやき。
お湯割りの焼酎にしたらええかの。
ん、もう少し塩をきかしたほうがよかったかの。
どれ、もうひとつ・・・
ん〜〜こんなものか。
飯を小さくしたいけんど上手くいかんがやき。


う〜〜ん。
けんど、ワシのところは世界から見放された感じ。
ワシのクリスマスはどこ?
Date: 2013/12/24/18:59:21   [731]



秋刀魚を喰らう
おんちゃん  
ん?
秋刀魚は明日ではなかったか?
んっ!
秋華賞だから今日だと?

ん、なんか訳わからんけど・・・
ケーバに負けて帰ってきたら秋刀魚が迎えてくれた。
ん、明日の予定だったのに・・・ブツブツと。
けんど、気をとりなおしてまずは新鮮なうちにお造りにした。
わーーいかん。
もうたまらん。
プシューッ!ゴクゴク
ワオ〜〜!

あはは、お近くの方はどうぞ。
Date: 2013/10/13/19:39:48   [726]



ゲー術の秋には・・・
おんちゃん  
秋刀魚はどこから仕入れるか?
それで、特大10匹にするか?大20匹にするか?なんてなぁ。
さらに定番の塩焼きはもちろん炭焼きで、新鮮なうちに刺身にもせんといかんし・・・サンマご飯も捨てがたいなどと・・・ビールも秋味かなぁ(生唾)と相変わらずのカシコクないオヤジでありまする。
が、京のかわら版で展覧会の開催案内を見つけた。
「これは行くがぜよ」とワシは決めたんさ。
ま。秋刀魚もなにもかもゲー術だけんの。
ワシ、30歳までここの山口邸の一角で茶店をしていて
あの頃はマスターと呼ばれておったけんねぇ。
まっこと、懐かしがやけん・・・
Date: 2013/09/13/17:20:03   [724]

Re:ゲー術の秋には・・・
おんちゃん  
詳細をアップに。
Date: 2013/09/13/17:21:13   [725]



また、呑んでるワシ
おんちゃん  
おーーいっ!
ニワトリのくせに木のうえに登ったらいかん
と説教してやろうとしたら
『神さまのお使いだし、いいの。クッククー』だって・・・。
ここは石上(いそのかみ)神宮。
奈良の春日大社のお使いは鹿だし、まっこと縄文系狩猟民族には生唾もんだけんど神さまには逆らえんけんの。
Date: 2013/09/10/21:47:47   [722]

Re:また、呑んでるワシ
おんちゃん  
ワシ、仕方なく鯖のキズシなぞを作ってみたんじゃよ。
海の神さまの使いではあるまいな!

しっかし、シメサバ。
柚子酢と組み合わせると疲労回復、血液サラサラ、 肝機能強化があるそうな。
ほほぅ、肝機能強化があるのならもう一杯焼酎をいっとこか!
Date: 2013/09/10/21:48:28   [723]



旅するおんちゃん−大和篇−
おんちゃん  
あは、久しぶりにいい天気。
ワシは山の辺の道にあった。
で、この山はなんぞや?ということになるのだけんど、ソーメンで有名な三輪山・・・
同行の分泌業(あやしいものを分泌!)でなくて文筆業のヤツが♪ヨイトマケの唄を口ずさんだりするもので・・・
三輪かぁ!とさすがのワシもわかったので・・・
三にちなんで三ダン活用を説いてやったのだ。
つまり、檀蜜、壇れい、壇ふみを三壇活用といい、三段腹活用は恐ろしくて言えない。
ワシ、秋になっても,白い雲見てもカシコクなれん。
Date: 2013/09/09/22:11:58   [720]



やっと晴れた日
おんちゃん  
今年も嵯峨野に秋が来た。
ワシもいっしょに立っていたら馴染むんだろうな。
Date: 2013/09/05/23:23:50   [719]



おばちゃんから
おんちゃん  
ワシの「おしん風」姿写真を(ちまたではオジン写真とも言われておる)を加工してくれた。
Date: 2013/09/04/22:24:15   [717]

Re:おばちゃんから
おんちゃん  
帽子やカゴを青色に・・・

ワシ、宇宙から人間観察に来たおっさんみたい!
Date: 2013/09/04/22:26:05   [718]



オヤジカレー
おんちゃん  
週末は山陰へ行脚の予定だったのだけど・・・
台風とか大雨の予報で取りやめになってしもうた。
雨の土日に何もしないのはいかんと思ってカレーを仕込んだ。
このカレーは若かりし頃、京都北白川の「EVE」という喫茶店のマスターに教わった。ここのマスター、人が良くて何でも教えてくれた♪
昔、母親が作ってくれたようなドローっとした家庭のカレーベース。
タマネギとニンニク、すじ肉とミンチが材料。
3日間じっくり煮込んだ頃に食べるといっぺんに若返る。

EVEでピンクの花柄エプロンのウエイトレスが運んでくれるカレーはなおさら美味かったなぁ。
さて、きたおか食堂で食するワシのカレーはオヤジカレー。
ウエイトレス募集するか?
Date: 2013/09/01/13:59:08   [716]



おら、今宵も呑んだ
おんちゃん  
雨が降って涼しくなったのはいいのだけれど。
雨で流れたフィールド遊びが悲しくて・・・というわけではないのだけれど・・・
準備していた食材としたこしらえが途方にくれていたので作ってみた。
干し椎茸をもどした出し汁でご飯を焚いた。
炊きあがったご飯に柚子酢をたっぷりかけて仕込んであった具材を混ぜ合わせた。

「炊き込み風五目すし」けっこういける。
キャンプではこれに川魚の女王アマゴを炭火で焼いて身をほぐしてパラパラという手はずだったのだけど・・・・
雨あがりの「きたおか食堂」
瀬戸内から届いたハモの吸い物にスダチ
をぎゅっとしぼって・・・・
あ〜〜あ、今宵も呑んでしもうた。

Date: 2013/08/26/00:37:59   [715]



おんちゃん、紀州へ行く
おんちゃん  
昨日のワシ、紀州にいた。
湯浅から御坊あたりのあちらこちらを散策というか見聞というか・・・ま、こき使われていた訳であって・・・。
でも、湯浅の古い町はかなり気に入って・・・
是非とも「しらす丼」は喰わなければと思っており。
ところが昼飯は道成寺の門前で食すことになり。
それでも「しらす丼」は諦めきれず・・・
小腹の空いた夕方に有田インターの近くでありついた。
しかし、しらす丼は醤油発祥の地湯浅の醤油でいただくというのが正解のように思われ・・・
またきっと再訪すると誓ったワシである。
Date: 2013/07/21/23:09:56   [712]

Re:おんちゃん、紀州へ行く
おんちゃん  
シラスは生と釜揚げがあったけど、もちろん「生」。
タマゴの黄身はあわないと思われみそ汁に入れた♪
Date: 2013/07/21/23:12:13   [713]

Re:おんちゃん、紀州へ行く
おんちゃん  
あっ、そうだった。
どうして紀州の湯浅の町が気に入ったか。

湯浅町は古来より熊野古道の宿駅として栄えていたところでありその町並みを訪ねのだけど・・・
町の中に入ると狭い道でどこか駐車場はないかと味噌屋さんに尋ねたらお店の駐車場に止めてよいと案内された。
駐車場の看板には感動したがぜよ。
「無断駐車はいかん、けんど声をかけたら町の散策をゆっくりと・・・」
散策していたら民家の壁にまた看板が・・・
『駐車は30分以内に』
これまた30分は止めさせてくれるのだ。

人情あふれるところに住みたいと強く思ったワシ。
Date: 2013/07/24/21:24:58   [714]



夏到来!きたおか食堂野外編
おんちゃん  
夏、到来、到来〜〜。
きたおか食堂野外編に参加のみなさま、あぁ〜いいなぁと指をくわえた皆様、ありがとうございます。

早々に新ムーミン谷に着いたワシ。
ご覧のようにせせらぎにベット
を置いて「今はコーヒーなんぞをすすっておるがぁ、野外倶楽部の2年生が来たら・・・寝そべってビールをゴクゴクやってる図を撮ってもらうのだ」などと考えたのだった。

それがぁ!
大雨というかごつい夕立になってしもうた。
もう、涼を呼ぶせせらぎは子供たちのいう「みそ汁色」になってしまって・・・・
それでも夕食時にはヒグラシやカジカの鳴き声もあり至福、至福。
Date: 2013/07/16/19:04:40   [707]

Re:夏到来!きたおか食堂野外編
おんちゃん  
記念写真
Date: 2013/07/16/19:06:36   [708]

Re:夏到来!きたおか食堂野外編
おんちゃん  
火起こしは山の基本
Date: 2013/07/16/19:07:53   [709]

Re:夏到来!きたおか食堂野外編
おんちゃん  
二日酔いではないけど大サービス。

Date: 2013/07/16/19:10:12   [710]

Re:夏到来!きたおか食堂野外編
おんちゃん  

あくる日。
帰りの車に乗り込んだらワシかタカが舞い降りてきた。
それで文句を言われた。
『おめぇ等、何か食い物を残しておくのが礼儀だじぇ!山で遊んだら山の神さまに礼をするのだ。それがワシ等に何か食い物を残しておくことなんじゃ!』
へへぇーーい。次回にはそうさせてもらいますなり・・・
Date: 2013/07/16/19:13:50   [711]



わて、上方へ行く
おんちゃん  
ワタクシ、今日は「なにわ」でしたねん。
それで、この写真のようなうら寂しい商店街をうろついておりましたねん。
Date: 2013/07/02/22:38:54   [705]

Re:わて、上方へ行く
おんちゃん  
もう
やってる店はないんとちゃーーうかと悲しくなるようなところにその昆布屋さんはあるんよ。
実は今日で2回目なんだけれどメッチャお気に入りになってましてな。
そこで店のおばーちゃんに声をかけたんよ。
「おばーちゃん、ここの店やってどのくらい?」
『へぇ〜、もうかれこれ68年になるやろか』
どっひゃー、ワシの歳より古いやんか!!!
「おばちゃん、わてにその長寿昆布3袋わけて〜〜な」
などの会話があって・・・・
けんど、ほんまにえぇなぁ。
「昆布は海のカルシウム」だって。
「昆布にも一流がある」だって。

今度はばぁーちゃんを撮りたいな。
Date: 2013/07/02/22:41:12   [706]



前略 昨日の神さま
おんちゃん  


おみゃーさん、名古屋駅で名残り惜しくなったので中華を食すことにしたのでありまする。
中華セットにビール
を追加すると300円アップだというので「おぁーー5杯くれぃ」というと1杯だけだって(しょぼん)
仕方ないのでハーフ&ハーフなんぞを・・・

でなぁ、大きなカウンターに座ったのだけど・・・・
真ん中を区切っていて向かいの人が見えないのだけれど。
その〜下の隙間から向こうの手は見えるのでありまする。
ワシと同じものを注文したらしく・・・なにか見てたら早喰い競争のようになって・・・・
けんど、白い細い指で箸使いもなかなかにいいのでありまする。
お顔は?なんて思ったら

「わちゃー新幹線に遅れる〜〜」
Date: 2013/07/01/18:53:44   [704]



鴨の流れに・・・
おんちゃん  
前略、カモチョウ様。あ、失礼!鴨長明様。
『ゆく川の流れは絶えずして〜〜〜』
方丈記でございましたな。
鴨川の流れを眺めて書かれたのでありましょうか?
四条大橋のたもとに立ってそのようなことを考えておりました。
カモチョウ、失礼!鴨長明さまが現代によみがえり、
ここから川を眺めたらどうのように思われるのでありましょうや。
などなど・・・無常感を探求しつつ「写し絵師」の真似事を・・・。
やがて夕闇が迫ってまいりますとなかなかの風情の川岸になってまいります。
はて、宵ともなると、はたまたぼんやりと灯りが灯ると・・・・
コキコキのシュワシュワが誘ってまいります。
早く写し絵なんぞ終了して「とりあえず生中!」なんてね。
あ、いかん!車であった。
もう無常どころか、呑めない無情に涙する6月のワシ。
Date: 2013/06/25/22:40:39   [703]



いっぷくちゅう
おんちゃん  
「あさがおに つるべとられて もらいみず」
なんてのがありましたな。

「子カエルに 取っ手とられて 雨宿り」
なんて・・・・

廃人 遅刻亭早退(おんちゃん)
Date: 2013/06/25/12:59:02   [702]



雨に歌えば・・でなく呑めば・・・
おんちゃん  
やぁやぁ、雨がよう降っとるなぁ。
まぁ少しは恵みの雨というのもあるけんど・・・
それで、涼しくなってビールはいかん・・・な!などとワシは思っていた。
ビールはなぁ・・・と切なくなってきたので、そうじゃ、アタマのほうもカラカラみたいやしココロのほうも妙に忙しいし・・・と病院なるものへ行った。
「ビールはなぁ・・・・ブツブツ・・・」というとセンセーは「キュウカンビを・・・」と言うた。
ワシは『毎日キューカンビじゃ!』
ガツンと京都帝国大学出のセンセーに答えたがね〜〜〜
この暑い日が続いていたのだから燗の酒を休むのは当たり前じゃ!
燗休日って??????

ま、今宵もオヤジは元気っ!
で、汐サバを柚子酢たっぷりで〆て、きとう村の平川のばぁさんのタマネギと嵯峨野のばぁさんのキューリを添えて・・・
やっぱ、ビールでもないわな。
「杉ちゃん」というお札が貼った芋焼酎が目に入ってきた。
『三岳』という、えへへ、いくがやき!
まっこと、脂の乗った〆サバとコジャンとあうがやきっ。
Date: 2013/06/20/21:00:26   [701]



現行ログ/ [1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8] [9] [10] [11] [12] [13] [14] [15]
No. PASS
No. USER PASS
キーワードスペースで区切って複数指定可能 OR  AND
ホームページに戻る
011831
[TOP]
shiromuku(bu2)BBS version 2.61